PHILOSOPHY 一眼レフのエッセンスをコンパクトなボディに収めた世界初のフルスペック・コンパクトデジタルカメラ、SIGMA DPシリーズの開発思想

画質追求を小型軽量化の犠牲にしない

「A large sensor in a compact body.」 メディアなどで多く語られるようになったこのフレーズは、高性能・高画質なコンパクトカメラ、SIGMA DPを明快に表すものとしてすっかり定着しました。

カメラのメインストリームをフィルムカメラがデジタルカメラに譲って以来、コンパクトカメラに搭載されるイメージセンサーは一眼レフカメラのそれに比べてはるかに小さいサイズのものが採用されるようになりました。受光部の大きさが画質を左右するという事実はフィルムカメラの時代から変わっていないにも関わらず、小型軽量化の一途をたどるコンパクトカメラにおいては、もっとも大切な画質の追求が、コストや技術的な困難のために後回しになってしまったからです。

そのうえで、小さいセンサーサイズはそのままにピクセルピッチだけを極小化して画素数を稼ぐ高画素化や、付加機能の多寡の競い合いといった、写真表現の本質からはかけ離れたところでの競争が過熱していた2008年春。SIGMA DP1は、満を持してデビューしたのです。

最高画質と携行性を備えた新分野の創出

「一眼レフ用大型イメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ」は、撮り手の表現欲求に応えうる最高画質と、携行性にすぐれたコンパクトネスの両立を意味します。シグマは写真を愛する人なら誰もが語り、夢見ながらも、挑戦すらためらってきたこの難題に果敢にも挑み、数々の困難を克服して実現させました。

シグマのこうした「あるべきカメラ」に対する追求の姿勢は、単なるセンサーサイズへのこだわりだけで終わりませんでした。世界で初めて、一つのピクセルで光の3原色を取り込むことに成功したFoveon X3®ダイレクトイメージセンサーを採用し、通常のデジタル画像とは一線を画す圧倒的な解像感と、精緻で臨場感あふれる独特の描写を再現することに成功したのです。

実際、DP1が生み出す画像は、独自の3層構造Foveon X3®ダイレクトイメージセンサーがもたらす独特の立体感やクリアなシャープネスにより、デジタル一眼レフカメラというよりはむしろ中判カメラに近い像質を感じさせるものとして世界中の写真愛好家の称賛を受けてきました。DP1の恐るべき描画力は、世に強いインパクトを与えただけでなく、「一眼レフ」や「コンパクト」といった既成概念を超越して「フルスペックコンパクト」という新分野を誕生させたことは、すでにご承知の通りです。これは、現代の写真文化における、ひとつのニュースだったと言ってよいのではないでしょうか。

シグマの基本思想を具現化した唯一無二の存在

明確な撮影対象と高度な写真表現を目的に、万全の準備装備を経て「わざわざ持ち出すもの」と目されてきた一眼レフカメラの要素を、そのままコンパクトな筺体に凝縮すること。同時に、「高性能」にありがちな付加機能は潔く集約し、撮り手がより主体的に関わり、創意工夫できる余地をあえて残すこと。

SIGMA DPのこうしたコンセプトは、本格的な写真表現の機会をより日常的なものにしました。そればかりか、精神性やライフスタイルの多様性に寄り添いつつ、多くの写真愛好家の内に眠っているクリエイティブマインドを呼び醒まし、写真との関係性を再発見する契機をも提供するにいたっています。

時代とともに撮影機材の形状やしくみが変わり、写真表現のトレンドが移ろおうとも、「あるべき」カメラの基準はただひとつ。極めて個人的な感覚体験であるはずの心象風景を、たった1枚の絵として表現するという写真の本質を損ねることなく、撮影者の主体性にどこまでも寄り添い、尊重できること。シグマが志向する革新と洗練のすべては、この基本思想の実現のためだけにあるのです。

SIGMA DP1x Special Contents

Page Top